iPhoneXに採用される技術のメリットとは


iPhoneXは「TrueToneディスプレイ」を採用するのではと話題を集めています。
この「TrueToneディスプレイ」は、iPadProで既に採用されている技術です。

「TrueToneディスプレイ」を採用する事によって得られるメリットとは、一体何でしょうか。


まず挙げられるメリットが、紙媒体のように自然に読む事が出来るという点です。

そもそも「TrueToneディスプレイ」とは、革新的な4チャンネルの環境光センサーを用い、周囲の光に合わせて、ディスプレイの明度とカラーを自動的に調節する機能の事です。


これにより、異なる環境下であっても、一貫して同じカラーが表示されるようになります。しかも表示されるカラーも美しいとあって、操作が快適に行えます。



続いて挙げられるメリットが、どんな状況でも見やすいという点です。
ディスプレイの明度とカラーを自動的に調節する「TrueToneディスプレイ」を既に採用しているiPadProのユーザーからは、見やすいという声が多数挙がっています。


その為、iPhoneXに採用されるとなると、これまでのiphoneシリーズよりも圧倒的に見やすくなると言えるでしょう。

現在使用しているスマートフォンが場所や時間帯によっては見辛く感じるという方は、是非iPhoneXに機種変更する事をオススメします。



現段階では発売日はまだ発表されていませんが、2017年秋頃には発売される予定です。

iphone7の後継モデルとして、2017年秋頃にリリースされる予定となっているのがiPhoneXです。
そんなiPhoneXは、64GBと256GBモデルのみリリースされると言われています。



つまり、32GBと128GBのモデルはリリースされないという事です。
最新情報によると、64GBは650ドル、256GBは750ドルで販売されるとされています。


iphone7の32GBが550ドルで販売された事を考えると、100ドル以上高くなります。

そこで気になるのは、iPhoneXの日本での販売価格ではないでしょうか。


64GBの650ドルを日本円に直すと、およそ7万円前後です。

そして、256GBの750ドルを日本円に直すと、およそ8万円前後です。
こうして日本円に直して考えてみると、圧倒的に256GBのモデルの方がお買い得と言えるでしょう。

そこで、iPhoneXの購入を検討している方には、256GBのモデルをオススメします。

なお、2017年秋頃にはiphone8もリリースされると言われています。


そのiphone8の価格は、何と64GBで1、100ドル、256GBに至っては1、200ドルとされています。

日本円に直すと、1、100ドルはおよそ12万円、1、200ドルはおよそ13万円です。
その為、iphone8を購入するほどお金に余裕がないという方にとっても、iPhoneXはオススメのモデルです。


Copyright (C) 2016 iPhoneXに採用される技術のメリットとは All Rights Reserved.