iPhoneXは従来型iphoneの最終機種


iPhoneXは従来型iphoneの操作性を踏襲した最後の機種となる可能性が高いと言われています。

その理由は同時に発表されると言われているiphone8ホームボタンが廃止され液晶パネルの中にホームボタンが埋め込まれた形になるため、全くその操作性が変わると言われているためです。iphone8に搭載される高精細ディスプレイやワイヤレス充電はiPhoneXにも搭載される予定ですが、iPhoneXはこれまでのiphoneと同様、液晶パネルの下にωボタンが配置されているのに対し、iphone8ではホームボタンがなくなり、液晶パネルのタグに現れるボタンがホームボタンの代わりとなるためです。
これはこれまでのiphoneユーザにとっては賛否両論で、液晶パネルの下にホームボタンがないとその操作性に大きな変化があるためいざと言う時に非常に使いづらいと言う意見や、ホームボタンをiphoneに異常が発生した際のお助けボタンとして使用している人にとっては、ソフトウェアで表示されるボタンでは信頼性に欠けると言う意見もあり、これが廃止されることに大きな危機感を持っている人が少なくないからです。


実際にはiphone7では既にホームボタンはこれまでのようなメカニカルなボタンではなく、タッチセンサーを利用したお手上げと変化しているため、iphone8においてもその操作性はほとんど変わらないと言う意見もあり、ボディの全面に液晶が配置されるiphone8の方が非常に見やすく、操作性が良くなるといった意見もあるため、これまでの機能が劣ることはないと考えられる面もあります。

しかしこれまでのiphoneの象徴的なデザインである液晶ディスプレイの下にホームボタンが配置されたデザインはiPhoneXが最後のモデルとなる可能性が高く、その価値が非常に高くなる事は必須であると考えられています。iphone7では、チップセットにA10が搭載され、現時点でも、いわゆる普通の使い方はもちろんのこと、高度な演算が要求される一部の重いゲームや、高精細なハイビジョン映像の再生においても、全く問題が無い程のパフォーマンスを誇っています。次期モデルのiPhoneXでは、新チップセットのA11はiphone8に譲る格好となり、引き続きA10が搭載されますが、iphone7と同様のチップセットでありながらも、パフォーマンスがアップする模様です。



iPhoneXのA10では、一体どのような方法でパフォーマンスアップが図られるのか、さまざまな憶測を呼んでいます。



動作周波数のクロックアップによるものとは限らず、たとえCPUはそのままだったとしても、グラフィックアクセラレーターの刷新や、メインRAMの増量によって、ハードウェアとしての進化の余地はあります。

また、オペレーティングシステムもiOS11が搭載され、32bitが完全廃止となり、64bitネイティブ環境となることもあり、64bit専用アプリの演算能力が向上し、総合的なパフォーマンスアップを実現します。



iPhoneXは、価格面も、スペックも、iphone7とiphone8の間に位置するモデルとして登場することから、その性能が注目されています。

ミドルレンジと呼んでしまうには余りある程のコストパフォーマンスが期待され、今回もまた、世界中のユーザーへのサプライズとなるに違いありません。



Copyright (C) 2016 iPhoneXは従来型iphoneの最終機種 All Rights Reserved.