iPhoneXの特徴と発売日


今年発売されるのではないかと話題になっているiPhoneXは、iphone7と比べてどのような違いがあるのでしょうか。

公式で公表されている情報はまだないのですが、さまざまな噂があります。

まず見た目の違いとしては、ディスプレイが大きくなることが挙げられます。


本体の大きさは変わらず、画面のみが大きくなるのではないかという予想もあります。

というのも、有機ELが搭載される可能性があり、もしそうであれば画面を本体の枠ぎりぎりまで広げられるようになるからです。

iPhoneXに有機ELが搭載されれば、バッテリーの持ちが良くなり、より高画質になるなどのメリットがありますが、一方で価格は高くなることが予想されます。
また、今までのものは本体がアルミ製でしたが、iPhoneXは本体がガラス製になるのではないかという情報もあります。本体のすべてではなく背面ガラスを採用する可能性が高く、これはワイヤレス充電に対応するためとされています。


CPUパフォーマンスが向上することも期待でき、今までの機種の性能を超えるものになるかもしれません。


これらの情報はあくまで噂となりますが、iPhoneXは今までのものと比べ大きく進化した機種になりそうです。

気になる発売日についてはさまざまな予想がありますが、2017年の9月中というものが多くなっています。

iPhoneX発売と同時に他のシリーズも発売される可能性もあるので、情報を集めながら公式の発表を待ちたいものです。
iphone7が発表されて1年もたたないうちにiPhoneXが発表されると言うことで、一体何が違うのかと言う点が気になっている人も多いものです。同時にiphone8も発売されると言う噂もあり、その性能や機能について非常に興味が湧いている人が少なくありません。



iPhoneXは基本的にはiphone7とあまり変わらず、大きさや性能も基本的には変更されないと考えられています。
ただしiphone8に搭載される高精度の液晶ディスプレイとワイヤレス充電機能は搭載されることが決まっており、iphone7の機能でiphone8の特徴を反映したものと言うことができます。

iPhoneXはそれではあまり魅力がないのではないかと考える人も多いものですが、実際はそのような事はありません。iphone8では様々な先進機能が搭載される予定になっていますが、その中にはこれまでのiPhoneとは大きく操作性が異なってしまう面も予測されています。

特にホームボタンの廃止やデュアルカメラといったVR対応の機能は、実際にはまだその操作性が確認されていないため、これまでのiphoneになれた人にとっては逆に使いづらくなってしまう面もあるのです。

そのため、従来の使い方を踏襲したい人にとっては、使い勝手が大きく変わるiphone8は非常にハードルの高いものとなってしまう恐れがあります。

その点、使い勝手は従来の上で高精細ディスプレイとワイヤレス充電を搭載したiPhoneXは非常に魅力的な機種となります。
スマートフォンの先駆け的存在として世界中のファンから待望されているiphoneの最新モデル。

例年通りなら9月前後に発売されており、ナンバリングは2012年9月に発売したiphone5以降、1年ごとに5s、6、6sと進んでおり、通例どおりなら2017年の新作モデルはiPhoneXとなるはずです。


しかしながら、2017年はiphoneの初期モデルが発売されてから10周年という節目の年になり、2017年の新作はプレミアムモデルとしてiphone8というモデルが出るのではとも言われており、iPhoneXというナンバリングは飛ばされるのか、あるいはiphone8と併売されるのかと様々な憶測がネット上にも飛び交っています。

iphone8に関しては、ネット上のリーク情報などからベゼルフリーデザインでホームボタンがなくなるとか、TouchIDに変わり3D顔認証が新たに採用されるなど様々なウワサが流れていますが、iPhoneXに関する情報はあまり多くありません。


一方で、iphone8は開発が遅れており、iPhoneXと7sPlusのみが2017年9月に発売されるというウワサもあります。

どちらにしても、iphone8、iPhoneX双方について2017年7月の段階でAppleからの正式発表はまだありません。

世界中の多くのファンが待ちわびる新作モデルということもあり、早く正式な発表がされることを期待したいものです。iphone7ユーザーにとって、アップグレードモデルと言われるiPhoneXは、とても気になる存在でしょう。


中には、機種変更を行う為に発売を心待ちにしているという方もいるはずです。
しかし、どの程度アップグレードするのかといった点は、まだ不明瞭です。



そんな中、大きな注目を集めているのがiPhoneXのディスプレイです。

iPhoneXのディスプレイには、有機ELが採用されるという情報が出回っています。

ただ、有機ELになるメリットがわからないというiphone7ユーザーもいる事でしょう。


そこで有機ELディスプレイのメリットを挙げると、まずバッテリーが長持ちするようになります。

これは、有機ELにバッテリーの消耗を抑える効果があるからです。

それでいて、画質も向上し、発熱も減るとあって、有機ELはメリットが豊富と言えるでしょう。
こうしたメリットから、iPhoneXはiphone7のアップグレードモデルとして、有機ELをディスプレイに採用するのも当然と考えられます。


そんなメリットが豊富な有機ELですが、唯一のデメリットとして価格が高いという点が挙げられます。

iphoneXの情報をお知らせいたします。

その為、iphone7よりもiPhoneXの方が、製造コストがかかる分、販売価格も高くなるのではと言われています。


詳しい販売価格はまだ発表されていませんが、10万円以上の販売価格を予想しているメディアやアナリストも多いのが現状です。


Copyright (C) 2016 iPhoneXの特徴と発売日 All Rights Reserved.