使ってみたくなるiPhoneX


iPhoneXはワイヤレス充電が採用されて防水防塵性能はクラス彩光のIP68となります。
ワイヤレス充電は置いておくだけで充電されるということだけでなく一定範囲なら充電ができるというものです。

本体は表と裏面にはガラスが採用されていることでガゼルは薄く素材がかわります。
iPhoneXのデザインとしてはエッジ部分が丸い形が採用されています。



大きさはほぼ同じですがホームボタンがなくなります。

画面が本体のいっぱいまで搭載することができるため画面は大きくなります。有機ELディスプレイが採用されるということですが、発光ダイオードで光るためにバックライトを装着する必要がありません。

軽くすることができることと電池の消耗を抑えます。

iPhoneXの認証機能はよりセキュリティを高めることができるように指紋認証だけではなく、顔認証と虹彩認証の機能が追加されます。この3つの認証機能によってセキュリティはかなり高くなるということになります。

ホームボタンはなくなりますが、指紋認証は背面で行うことができるようになります。



カメラは二つ並んだデュアルカメラということになり、立体的な3D撮影を行うことができるようになります。


ARアプリケーションに対応することができるように不可視の赤外線センサーも搭載されるようになります。
A11プロセッサー搭載によって処理速度は向上されるようになります。

このような新しい機能ときれいなデザインが特徴のiPhoneXです。iPhoneXは前モデルで採用された電子マネー機能を引き継いでいます。前モデルではイヤフォンジャックが廃止されて密閉構造となり、30分にわたって水中に放置しても壊れない防水性を備えました。

新モデルでは高度な防水性がさらに進化していると予想されます。
お風呂や海水浴、プールなどで長時間にわたる使用が可能になると考える専門家も存在します。

また前モデルではカラーバリエーションに光沢があるジェットブラックが追加されましたが、iPhoneXにはレッドが追加される予定です。


またケースもアルミ製ではなくガラス製になるのではという予想も存在します。CPUの性能も向上が図られるなど様々な部分で改良が施される予定のiPhoneXですが、最も大きな変更点はディスプレイです。

新型のディスプレイにはOLEDと呼ばれる最新の技術が採用されると予想されます。

OLEDは有機ELという発光現象を利用した技術で、有機発光ダイオードや発光ポリマーなどとも呼ばれています。
従来モデルに採用されていた液晶ディスプレイでは発光装置としてバックライトと液晶が必要でした。
新型ディスプレイではOLED自体が発光するためバックライトなどが不要となります。



OLEDディスプレイの採用によりiPhoneXは薄型化・軽量化される見通しです。
また電力消費量も少ないため、バッテリー寿命の延長も期待できます。

iPhoneXの発売日は一般的に2017年の9月ころになるのではないかと予想されています。


Copyright (C) 2016 使ってみたくなるiPhoneX All Rights Reserved.